仕事へのポジティブな感情が
チャレンジの原動力

吉本 啓顕 / 企画部 製品企画課 課長
2009年新卒入社。エンジニア、営業、マーケティングを経て、現在はアドエビスの製品企画とブランディングを担当。心から熱狂できる仕事に次々とチャレンジし、EC-CUBE本の執筆やマーケティング部の立ち上げをはじめ、独自の営業スタイルの構築で複数回に渡る社内表彰獲得の経験を持つ。

ここでなら熱狂できる気がした

友達と学校の図書館で求人情報をぱらぱらとめくっていた時、エビス君と「大阪から世界へ」というキャッチコピーが偶然目に留まって。面白そうだなと思って説明会にいきました。そしたら、説明会で代表の岩田に惚れてしまった。これが私の入社動機です。笑
当時はまだ社員が少なくて、選考を受けている会社の中で一番小さかったけど、何十社と受けた中でピンときたのは、ここだけでした。代表の岩田の言葉はフラットで、それでいて熱く、「Impact On The World」の実現を通して社会に貢献したいという想いがとてもかっこいいと思いました。説明会に来ていた社員や内定者を見ていて、この人たちと一緒に働きたいという想いも加わり、入社を決意しました。

仕事に対する価値観は両親の影響を大きく受けていて、忙しくても仕事を楽しむ両親を見て自分も心から熱狂できる仕事をしようと決めていたので、ここでならそんな働き方ができるんじゃないかと思えました。入社してもうすぐ10年になりますが、説明会で感じたその空気感は今でも全く変わっていないと感じています。

やりたいことを聞き入れてくれる環境

入社して最初に配属になったのは、アドエビスの開発チームでした。そこでエンジニアとしてのベースを学んだ後に、EC-CUBEに異動し、プログラマーやプロジェクトマネージャー、アライアンス営業を経験しました。アライアンスを通して外部の方と一緒に作り上げていくのがとても楽しかったので、上司に相談して営業にチャレンジすることになりました。2年半の営業経験では、エンジニアとして抱いていたプロダクトに対する想いにお客様の視点が加わり、日々対峙するお客様だけじゃなく、もっと広い視点でアドエビスを捉え、バリューを提供できるプロダクトに育てていきたいという想いが強くなりました。そのことを会社に伝え、マーケティング部の立ち上げを任せていただけるようになりました。

営業やマーケティングへのチャレンジは大変でしたけど、気づいたら夢中になっていましたね。「こんなことがしたい」「これだけはこだわりたい」「この分野は得意だと思う」といった仕事に対するポジティブな感情は、大切にしていきたいと思っているので、新しいことに挑戦したいという気持ちを尊重し、受け入れるくれる会社には、すごく感謝しています。もちろん、やるからには責任が伴うし、プレッシャーもありますが、「自分が熱狂できることがしたい」という気持ちをこれからもぶらさず仕事と向き合っていきたいですね。

そして始まった新たなチャレンジ

今は、アドエビスの製品企画の仕事をしています。マーケティングの仕事をしているうちに、製品の将来を見据えたブランディングに関わりたいという気持ちが強くなって、また新たな挑戦をすることになりました。製品の開発のロードマップやブランディングについて考える仕事は、社内の営業や開発の状況はもちろん、お客様やマーケットの状況も鑑みた上で考えていかないといけないので、これまでとは違った難しさがあります。でも、これまでマーケティングや開発、営業と密接に関わって仕事を進めてきたので、その経験がプラスになっていると感じています。
何をどう選択するのかを決めるのは簡単ではないですが、無限大にある選択肢を考えるのは楽しみでもあります。好きな組織で、好きなプロダクトの未来を考える仕事なので、これほど楽しいことはないです。やるからには自分ができる全てのことを出し切って、二段も三段もプロダクトをレベルアップしていきたいと考えています。

気づいたら夢中でやっている仕事に早く気づいて、
次にやりたいことを描き、実現していくことが大事

大好きな人と組織に対して貢献していきたい

入社してから今まで、新しいことにチャレンジできる機会をたくさんいただきました。想いを後押ししてくれる上司や、それを支えてくれる同僚の存在があったからこそ経験できたことだと思います。株式会社ロックオンの魅力はなんと言っても「人」。一緒に働きたいと思える自慢のメンバーがたくさんいて、みんなで同じビジョンを思い描き、プロダクトを通して世の中にバリューを提供する日々にとてもやりがいを感じます。
それぞれが仕事の楽しみ方や夢中になる方法を知っていて、ここで働く理由を知っている人たち。そんな人が集まった組織そのものを、もっとよくしていきたいと思っています。みんながもっとポジティブに、より楽しく仕事するために、自分にできることを模索していきたいと思います!

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ