本気で新しいことに
チャレンジして、変化を楽しむ

若林 利秋 / 開発部 みらい基盤課
大学では心理学を専攻。工学部の授業を受けたことがきっかけでエンジニアの道に。会計・在庫システムの開発、大手SIer等を経て、2015年に株式会社ロックオンに入社。
入社後は、アドエビスのシステム改修、列指向データベースを使用したビッグデータ処理の最適化等を担当。エンジニアが技術を楽しむための部活動「GTGT Tech Night」の部長としても活動中。新しい技術の勉強を好み、中でもLL系の言語を得意とする。

垣根のないフレンドリーな社風に惹かれて入社

株式会社ロックオンに入社したのは、協力会社からの常駐社員として仕事をしていた経験がきっかけとなりました。協力会社から来た常駐社員と正社員の垣根がほとんどなく、雰囲気がとてもよかったので、なんていい会社なのだろうと思いましたね。
協力社員の時から働く環境も、仕事内容も、権限も十分に与えてもらえたので、HadoopやHive等の分散処理システムやNode.jsを使用したプロジェクト等、それまでに経験したことのなかった新しいプロジェクトにもチャレンジすることができました。「新しいことがやってみたいです」と言っていたので、希望通りの案件にアサインされてとても嬉しかったです。
常駐期間が終わった後は転職し、別の会社で仕事をしていたのですが、当時一緒に働いていたメンバーに会った時に、やはり株式会社ロックオンの人と雰囲気がとても好きだと思ったので、後日正式に採用面接を受けて、入社することになりました。

新しい挑戦を任される存在でありたい

入社してからは、アドエビスの既存システム改修や障害対応を経て、今は新規機能開発のプロジェクトに参加しています。
最近では、ユーザの行動を見える化し、カスタマージャーニー分析を可能にする「オーディエンスエビス」の開発に携わりました。オーディエンスエビスは、会社として列思考データベースを使った最初の案件だったので、新しいことに取り組む楽しさがありましたね。その時の経験を、HPカンファレンスで導入事例として発表させて頂く機会があり、Verticaをどのようにアドエビスのシステムに適応させたかについてお話させて頂きました。大人数の前での発表だったので、とても緊張しました。
現在は、WEBの計測機能の開発に参加しています。これまでバッチ処理や集計システムに関わる業務が多かったので、久しぶりにフロントに近いところで仕事ができるのは楽しいですね。ずっと同じ案件ばかりをやると飽きてしまうタイプなので、プロジェクト単位で、仕事が変わるところが好きです。
プロジェクトによって開発期間が異なりますが、大体2~3ヵ月間で進めることが多いです。新しい言語やシステムを使った開発に参加するこが比較的多くて、開発中は大変なこともありますが、みんなでリリースできた時の達成感が好きです。「色々あったけど、みんなでやれたね!」とプロジェクトが終わる度に思えるので、これまで関わった案件全てが記憶に残っているし、たくさんの経験をさせてもらっていると思います。新しいことはチャレンジングだけど誰かやらないといけないので、そこをやってよと言われる人でいたいと思います。

GTGT(ギトギト) Tech Night

一緒に働くメンバーは、いい意味で癖のあるメンバーが多いです。スマホアプリの制作にやたらと詳しい人やjavaが得意な人、ビッグデータを使った機械学習に詳しい人もいれば、グーグルの仕様に詳しい人等、色んなスペシャリストがいて、その中で仕事ができるのはとても刺激的です。
そういう技術好きなメンバー達と部活動として「GTGT Tech Night」という活動をしています。「GTGT(ギトギト)なエンジニアが夜な夜なテクノロジーな話を心行くまで話す」をテーマに色んな活動をしています。今年から部長になって、色んな企画を進めていますが、最近の企画で面白かったのは、個々にロボットを作って戦わせるロボット大会や、架空のサーバを誰が一番早くハッキングできるかを競うサーバハッキング、コーディングゲーム等があります。社外の方と技術をテーマにLT大会をしたり、技術以外でもおすすめの本をプレゼンして最もいいと思った人に投票するビブリオバトルをしたりもしました。テーマはエンジニア同士の会話の中で、自由に意見を出し合って、楽しみながら様々な活動をしています。

新しいことはチャレンジングだけど、
「やってよ」と言われるような人でありたい

本気で取り組む人と働きたい

協力会社の社員として仕事をした時から、私はこの会社の人と雰囲気がとにかく好きなので、業界の風習とか人間関係に疲れた方には是非お勧めしたいです、笑。
エンジニアを支援する十分な環境があって、意欲があればどんどん新しいことも任せてもらえるので、新しいことにチャレンジしてみたい方に是非入社して頂きたいです。困っていたら、絶対みんなで助けるので、本気で取り組む人と一緒に仕事したいですね。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ