引き算の開発で
無駄のない状態を目指す

常見 一樹 / カスタマーソリューション部 システムソリューション課
大学の修士課程を修了後、大手メーカーに就職。4年間ドライバー開発を行うが、特定顧客の特定業務だけを続けていく中で自身の成長に限界を感じ、転属を願い出るが聞き届けられず、将来的に成長できる環境を求めて転職を決意する。
現在はAD EBiSの開発を行っている。

組込系からWEB系へ

入社前は、車載向けチップのドライバーを開発していました。開発したものが世に出るまでに時間がかかる案件が多く、同じ技術を繰り返し使うことも多かったので、もっと新しい刺激を受けて勉強できる環境に移りたいと思うようになりました。開発したチップが動くようになったところで、製品の全体像が見えてこないので、動くところまで関わることができる仕事がしたいという気持ちもあって。開発サイクルが早くて業務の中で常に最新のテクノロジーを取り入れることができるWEB系への転職を決心しました。

実際に、WEB系に足を踏み入れてみて思う違いはいくつかありますが、一番大きいのは、直接自社のサービスに関わることによる、愛着と責任感です。どの仕事も責任感を持って進めるのは当然ですが、案件を依頼した顧客のために言われたものを作るのではなく、自社のプロダクトを作り上げていくという気持ちがあるので、プロダクトに対する愛着が違います。自社プロダクトなので、自分のペースで開発を進められるところもいいですね。
アドエビスは、データベース、システム、インフラ、プログラムを一通り触ることができますし、ビッグデータを扱えるので、仕事の幅も深さも変わったと思います。ドライバーからクラウドまで一通り触れるエンジニアを目指しているので、今の仕事の幅と深さには満足しています。

無駄のない状態を目指して、ビジョンを持って選択と集中を

今はアドエビスのアプリケーションの基盤改修を行っています。具体的には、継ぎ足しコードになっている部分の効率化や無駄なデータの削除、バッチの統合、記述の統一化等で、私含めて4人のチームでやっています。もともとリファクタリングが好きなので、コードがどんどん短くなっていくのが快感ですね。
足し算で機能を足していくことより、引き算の方が実は難しい。なので、明確なビジョンを持って選択と集中ができる今の仕事にはやりがいを感じます。必要なものが必要な分だけある無駄のない状態が好きなので、これから実現していきたいと思っています。

株式会社ロックオンには、週に1回時間を割いて将来的にビジネスに繋がりそうなテーマについて自主的に取り組むワークグループという活動があり、私はそこでAIを研究しています。AIについては大学院で勉強した基本的な知識を使って今は実際にビッグデータを使って色々と試しているところです。今はまだ試行錯誤しているところですが、AIの技術とアドエビスをうまくマッチングして新しい機能が作れたらと思います。

フレンドリーな雰囲気と充実した環境

関西でWEB系の自社プロダクトの開発をしている会社を何社か受けた中で、入社の決め手になったのは、話しやすい雰囲気。実際に入社してからも、みんなとてもフレンドリーで話しやすいと感じています。前の職場は、納期に追われて夜遅くまで残業する人が多くて、みんなどこかピリピリしているところがあったので、決して話しかけやすい雰囲気ではありませんでした。今は、みんなとても質問しやすい雰囲気で、気軽に相談できるので、仕事もさくさく進むと感じています。帰るのも早いし、自由に有給休暇も取っているので、入社当初は「有給ってこんなに簡単に取れるものなんだ」と驚きました、笑。

働く環境という面では、オライリー全巻があるのもいいですね。最初見た時、すごく感動したのを覚えています。あれがあるだけで安心感が全然違います。あとは、オフィスが明るくて会議スペースも充実しているので、気軽に打ち合わせができるところも気に入っています。そして何より私の一押しは、リフレッシュルーム。ここで昼寝ができるのが一番好きです。昼食の後に10分だけでも寝ると頭がリセットされてスッキリ。それまでもやもやしていた問題が、起きたら解けていることもあるので、午後からの生産性が全然違います。このスペースはみんな自由に活用しているので、本当におすすめですよ。後は、会社が梅田なので帰社後数分で外部の勉強会に参加できるのもいいと思います。

必要なものが必要な分だけある無駄のない状態がベスト
明確なビジョンを持って引き算をしていきたい

新しいことにウェルカムなスタンスの人と一緒に働きたい

入社してまだ1年目ですが、一緒に仕事をするメンバーは技術的にも人間的にもフレキシブルに新しいものを受け入れる人が多いと感じています。なので、一緒に働く人は新しいことに対してウェルカムなスタンスの人がいいですね。こちらもウェルカムなので、笑。
柔軟な組織でやりたいことが実現できる環境でもあると思うので、自分の足でどれだけ歩いたかが成長には効いてくると思います。そういう意味では、主体的な人の方が楽しめるかも知れません。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ