どんな仕事をしていても、
想いは実現できる

小川 香保里 / 人事部 人事課
2009年に新卒入社。芸大でデザインを専攻し、デザイナーとして内定していたが、入社時にはEC-CUBE運営チームへ配属。デザインスキルも活かしながらEC-CUBEのプロモーションに従事。
2011年に管理部門へ異動し、主に人事として採用活動を担当。2016年に育休から復帰してからは、給与・労務を担当。

職種が変わっても、想いは実現できる

2009年デザイン職として内定をいただきましたが、入社前の組織変更でEC-CUBEの運営チーム配属に。一部デザインの仕事もありましたが、それ以外にもパートナー開拓やイベント開催、制度整備等、幅広い業務に携わらせて頂きました。当時はまだ少人数で一人ひとりの守備範囲も広く、手探りでサービスを0から作り上げていく状況だったので、そのプロセスがとても楽しかったです。

入社3年目で管理部門に異動になり、それ以降人事の仕事をしています。異動してからしばらくは慣れない仕事に悩んだ時期もありました。その時に相談した友人が会社の人間関係で悩んでいる姿を見て、私は会社と仲間が好きだと再認識することができました。周りの環境には恵まれているので、今は目の前の仕事にがむしゃらに取り組もうと、前向きな気持ちになったのを覚えています。一時はデザインの仕事に戻りたいと思ったこともありましたが、「自分で生み出したもので世界中の人に感動を与えたい」という想いは、どんな仕事をしていても実現できると今は実感しています。「自分次第」と思えるようになってからは、ますます仕事が楽しいです。

自らの力で生み出す「Impact On The World」

人事として少しずつ自信が持てるようになった頃、関西の人事の集まりにご招待頂きました。それまで他の会社の人事の方と交流したことがなかったので、経験豊富でパワフルな方々との出会いがとても刺激的でした。この刺激と気づきをこのまま終わらせるのはもったいないと思い、このメンバーで勉強会をやりましょうと幹事に提案しました。その提案がきっかけで、定期的に勉強会を開催するようになり、3年以上続いています。「人事が元気になれば、会社が元気になるし、関西の人事が元気になれば、関西の会社ももっと元気になる」という想いが勉強会を通して少しずつ浸透してきていると感じています。職種が変わっても、時間が経っても、私の実現したい想いは、変わらずImpact On The Worldです。

人事に異動して約6年になりますが、人事としてはまだまだ。今後は、制度、評価、教育まで範囲を広げて、影響範囲を広げていきたいです。

自分で生み出したもので世界中の人に感動を与えたい

産休を経て、更なるチャレンジ

2年前に子供が生まれて、昨年産休から復帰しました。私が産休復帰 一人目だったので、休みに入る前に産休・育休制度を一部見直しました。ですが、今の形が完全だとも思ってないので、人事として今後も必要に応じてアップデートしていけたらと思っています。社員がベストな状態で仕事ができるように、柔軟な対応を考え続ける会社のスタンスはとても好きですし、私も人事としてしっかり運営したいと思っています。
復帰後は、先々の予定が見通しやすい給与計算と労務関連の仕事をしています。初めての仕事で手探りな部分もありますし、時短勤務のため時間のやりくりには工夫も必要ですが、やはり仕事は楽しいですね!今の仕事を通して、間接的ではありますが、みんなを通して世の中にインパクトを与えられたらいいなと思っています。私の仕事がみんなのアウトプットにつながって、会社としてより良い発信をしていく手助けをしたいですね。

これからさらに組織が大きくなるにつれ、人事部の役割も大きくなっていくと思うので、今後は部署を引っ張っていくような存在になりたいです。人事から会社を変えていくこともできると思うので、もっともっといい会社にしていきたいですね。そして、仕事を楽しむ母の姿を将来、子供にも見せてあげたいと思います。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ