挑戦できる環境と
関わる範囲の広さが醍醐味

内藤 勇之助 / 開発部 製品開発課
データ分析専攻。インターン生として学生時代からアドエビスのデータ分析に関わる。
2017年新卒入社。入社後はマーケティングプラットフォーム「アドエビス」の開発に従事し、外部サービス連携やマスターデータベースのバージョンアップ等の開発に携わる。

エンジニアが使う黒い画面に憧れ、エンジニアの道へ

大学で勉強していたデータ分析の知識が活かせるインターンを探していた時に、株式会社ロックオンのマーケティングインターンを見つけ、東京オフィスで働くことになりました。東京オフィスはセールス&マーケティングの拠点で、普段エンジニアはいなんですが、一時期、エンジニアが来ていた時があって。その時にエンジニアが黒い画面で作業しているのを初めて見て、すごくかっこいいと思いました。文系出身でデータ分析が好きだったので、マーケティング系の仕事に就きたいと思っていたんですが、その考えが一変。エンジニアという仕事に興味を持つようになりました。
インターンを通して会社の温かい雰囲気を知っていたので、技術職として選考を受け、入社後は大阪オフィスで勤務しています。大学までずっと東京で生活していたので、初めての大阪はドキドキでしたが、今では大阪の方が落ち着くようになりました。

成長を支えてくれた師匠の存在

入社後はアドエビスの開発部配属となり、新機能の開発に携わることになりました。最初にアサインされたプロジェクトはアドエビスにとってかなりインパクトのある案件。バッチ処理の設計からテストまでを一通りやらせていただくことになりました。技術研修で学んだことが全てだったので、最初は本物のシステムを前に何もできなくてびっくりしました。
そんな状態だった私を支えてくれたのが師匠の存在です。当社には新入社員一人に対して先輩社員が一人、師匠となって指導を行う「師弟制度」があるのですが、師匠がいなかったら今の自分はなかったと言っていい程、師匠は大きな力になってくれました。私よりたくさんのタスクを抱えているはずなのに、私の頭の整理がつくまで何時間も付き合ってくれました。一つ一つに対して丁寧なフィードバックを返してくれたのはもちろん、レビュー会でのプレゼン方法や、社会人としてのホウレンソウ、相手の意図をくみ取ってアウトプットすることなど、学校では学べないことをたくさん教えていただきました。

真剣に向き合ってくれる師匠と優しい周りの先輩の助けもあって、最初は無理だと思っていたことを成し遂げることができました。他社で働く友達からは、入社してからずっとテストしかしていないという話を聞いたりするので、新人でいきなり実務に入って設計から実装、テストまでやらせてもらえたのはすごく恵まれた経験だったと思います。

自信につながったビッグプロジェクト

入社以来、たくさんの思い出深い経験をさせていただいていますが、その中でも特に印象に残っているのが、国内効果測定ツールでは初めて独自開発の人工知能を搭載した「クロスデバイス機能」の開発です。国内とベトナムの開発メンバー15人以上が関わったビッグプロジェクト。私は機械学習を使った分析を実行するための基盤設計とその実装を担当し、サーバーやOSの選定からアルゴリズムを実装するためのコーディングまでを行いました。サーバーの知識がなかったので、言葉通りゼロベースのスタート。毎日勉強の日々でした。
リリースまでにたくさんの難関がありましたが、中でも性能の改善には特に苦労しました。ひたすら設計の見直しとテストを繰り返し、何とか目標のスピードを出せるまでに。実装までのプロセスは決して簡単なものではなかったけど、その分刺激的な時間になりました。

ITエンジニアの祭典「Developers Summit 2018 Summer」では、多くのエンジニアの前でこの時の経験を発表させていただきました。私のセッションを聞いてくださった方から、「若手が頑張っているね」「私も同じ苦労をしているから共感できる」と話かけていただけたり、同年代のエンジニアから「同じ2年目として刺激を受けた」などの声をいただけたのは、とても嬉しかったです。これからもっと頑張ろうという気持ちになれました。この時の経験はブログにもなっているので、ぜひご覧ください。

アプリ~インフラ、フロントエンド~サーバサイド、
上流~下流まで、全てに関われるのが魅力。

未知への挑戦は、また次の自信につながる

現在は、最近当社で事業を開始した「アドレポ」のシステム移管に向けた契約やタスクの進行管理を担当しています。プロジェクトの管理も、アドエビス以外のシステムも初めてなので、未知の領域を調べていくのはとてもチャレンジングでやりがいを感じます。いくつかのフェーズに分けて開発を進めていきますが、実際に開発を行うのはベトナムの子会社になるので、先日初めてベトナム出張に行ってきました。現地のメンバーとの顔合わせやプロジェクトの進捗確認はもちろん、たくさんコミュニケーションしてチームビルディングも行いました。新たな挑戦に向けていいスタートが切れそうだと感じています。
今回もまたゼロからの挑戦ですが、めげずにひたすらやっていきたいと思います。周りにすごい経験を積んだ人がたくさんいるので、不安はあるけど心配は全くないです。このチャレンジを成し遂げたら、また一つ自信につながると信じているので、楽しみですね。

新卒でも手を挙げれば任せてもらえる社風のおかげで、プログラミング、テスト、インフラ、プロジェクトのマネジメントと幅広い業務に関われるのが、株式会社ロックオンでエンジニアとして働く醍醐味だと思います。これから更にいろんな仕事に挑戦して、面白いと思う領域をもっともっと深めていきたいと思います。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ