アプリケーション共通基盤の整備で
プロジェクト全体の効率化を目指す

川村 敦 / カスタマーソリューション部 テクニカルサポート課
大学(法学部政治学科)を卒業後、エンジニアとして就職。東京から関西への引っ越しを経て、3回目の転職で2010年に株式会社ロックオンに入社。
入社後は主にアドエビスのサービスシステム開発に関わる。PHPでの開発経験は15年以上。
インドア派だが海外旅行にはよく行く。

ECモールの開発を経て株式会社ロックオンへ

以前は大手ECモールなどを手掛けるIT企業で、個人オークションサイトの立ち上げ、モールの周辺機能の開発、システムインフラの改修等をやっていました。当時はまだ従業員30名程のベンチャー企業だったので、なんでも自分でやらないといけなかったし、土日も休みなく仕事をすることもありましたが、エンジニアとして新しい発見がいっぱいあって楽しかったです。
10年程お仕事をするうちに会社の規模もサービスの数も増え、私自身の仕事も一つのシステムを開発する仕事から、徐々にシステムを動かす基盤を作る仕事に移っていきました。最初に個人オークションサイトの開発に関わった時は、お客様の反応が直接見えることが楽しかったのですが、役割の変化と共にインフラ整備の仕事に楽しさを感じるようになりました。システムインフラの整備は、開発プロジェクト全体を効率化できるので、エンジニアのみんながより少ないパワーで開発できるようになるところに価値を感じています。

家庭の事情で東京から関西への引っ越しが決まり、これまでの経験が役に立てるところを探して2010年に株式会社ロックオンに入社。今はアドエビスの共通基盤の整備とプロジェクトの効率化に携わっています。

プロジェクト全体の効率化を通じて最短でリリースできる環境を整備

入社後は、アドエビスの品質管理や本体開発、社内情報システム等を経て、現在は開発プロジェクトの改善・整備を行っています。これまで人員的な問題でアドエビスの新規機能開発のプロジェクトマネジメントを優先していましたが、プロジェクトマネージャーが増え、体制が整ってきたのでようやく着手できる状態になりました。ずっとやりたいと思っていたのでこれから様々なことに手を入れていきたいと思います。
まだやり始めたばかりですが、今やっているのは大きく「プロジェクト進行の効率化」と「アプリケーション共通基盤の整備」です。前者は、最短の時間でリリースできるように、周辺環境を整備することをゴールに、プロジェクト進行のやり方やルールの整備を進めています。後者の共通基盤の整理については、システムの冗長化や、アプリケーション同士の共通基盤の整備等を行っています。今あるシステムの半分を共通化できれば、半分の力で一個のシステムを追加できるようなるので、これまでよりもパワーをかけずにリリースできるようになります。そうなれば、負荷が減ってエンジニアも喜ぶし、リリースが早くなれば、その先にいるお客様も喜ぶ。そういうところにこの仕事の醍醐味があると思います。エンジニアとして、影響範囲の広い仕事で貢献できることを嬉しく思います。

月間リクエストは数十億件

入社後、プロダクトとしてはアドエビス一筋です。関わって約7年になりますが、エンジニアとしてとても面白いプロダクトだと感じています。一番の面白さは何といってもビッグデータの存在。アドエビスは、月間で数十億件のリクエストがあるので、短時間で大量のデータをどうさばくかを考えるのはとてもチャレンジングで楽しいです。エンジニアとして挑戦状を突きつけられる感じでしょうか、笑。そこに問題があったら、解きたくなる性分なので、挑戦状を突きつけられたら、燃えますね。

月間数十億件のリクエストは、エンジニアにとっては挑戦状のようなもの
それに挑むプロセスは、チャレンジングだけど、だからこそ楽しい。

柔軟な対応と近い距離感

関西に引っ越してくるまでは、ずっと東京で仕事をしていたので、関西に来て「こんな世界もあったのか」と感心しています。東京のように通勤ラッシュに苦しめられることもなく、都会でありながら海も山も近い自然環境が大好きで、すっかり関西から離れられなくなりました。
会社は私が入社してからの約7年間で、社員数が100人以上になりましたが、この規模になっても経営陣との距離は近いままです。この規模で今の距離感はすごいと思いますね。年に1回の社員旅行も、入社当初はびっくりしましたが、実際に行ってみるととても楽しめたので、会社全体の文化や雰囲気が好きなのだと思います。あと、山ごもり制度も好きですね。小さい子供がいるので、毎年グアムに行って家族でのんびり過ごしています。毎年楽しみにしています。
子供が生まれた時は育児休暇を取得して、今は週に2回出社時間をずらして子供を保育園に送ってから出社しています。社員のライフスタイルに合わせて柔軟なところも働きやすいと感じています。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ