SIerから組織マネジメントを志して
役割から一歩はみ出し、成長していきたい

平田 純也 / カスタマーソリューション部 テクニカルサポート課 課長
情報科学専攻。新卒で大手SIerに入社しメガバンクのシステム開発に携わったのち、2017年に株式会社ロックオンに入社。入社後はアドエビスの運用業務および問い合わせに対するテクニカルサポートに従事。現在は、開発プロセスの標準化と問い合わせ件数削減に向けた仕組みの開発に取り組んでいる。

組織マネジメントができる環境を求めて

前職はSIerで金融システムの受託開発をしていました。既にシステムの要件が固まっている中で開発を行うスタイルだったので、お客様の課題に寄り添う開発がしたいと思っていました。プロジェクトマネジメントを経験する中で、もっと範囲を広げて組織マネジメントにも関わりたいと思うようになったことも転職を考えるきっかけになりました。もう少し小さい組織の方が早いタイミングで経験できると考え、株式会社ロックオンに入社しました。入社後は、プロジェクトマネージャーの範囲を超えた仕事にも関わることができているので、これまでの経験を活かしながら、仕事の幅を広げられていると感じています。

カスタマーサポートと開発の間でサービスを支える仕事

入社後は、アドエビスへのお問い合わせに対して、カスタマーサポートのメンバーと連携して技術的なサポートをする部署で仕事をスタートしました。システム保守の経験があったので、すんなり入ることができました。おかげで早いタイミングから、障害対応や再発防止策の検討なども任せていただき、入社9ヵ月目には課長になりました。タイミング的に驚きましたが、任せてもいいと思っていただけたのかと思うととても嬉しいです。課長になってからはこれまで以上に情報が集まるようになって、仕様の理解や情報獲得が進み、とても勉強になりました。

先日行われた社員総会では、最も活躍した中途入社1年目の社員を表彰する「Best Of Rookie」にも選んでいただきました。スポットライトが当たることの少ない裏方の仕事を評価していただけたのでとても嬉しかったですね。フロントでサポートを行うメンバーに寄り添う姿勢が評価されての受賞と聞いてます。障害対応では、誰よりも矢面に立って解決することを意識しているので、そこを評価いただいたのかなと思います。でもそういう仕事ですからね。笑 フロントでお客様と対峙しているサポートセンターのメンバーの方が大変だと思うので、これからもできる限りの支援をしていけたらと思います。

少しずつ範囲を広げていく面白さ

組織体制の変更があり、今はカスタマーサクセスを推進する本部で、主に開発プロセスの標準化とお問い合わせ件数の削減に取り組んでいます。アドエビスの開発プロセスの効率化や品質向上を組織横断でレビューする役割を担っていて、PMOとしての経験が活かせていると感じています。お問い合わせ削減に関しては、新たな取り組みとして今まさに試行錯誤しているところです。開発者としてあまり考えたことのない視点なので新鮮ですね。開発の領域を超えてビジネス視点で考える必要があるので、とても面白いです。開発、営業、カスタマーサポートと様々な視点を持った人が集まった部門にいるので、いろんな視点を吸収してアウトプットしていきたいと思います。

今所属しているテニカルサポート課はスタートして間もない部門ですが、課の新設においては組織体制について議論や意見だしができる機会があったり、エンジニアの採用面談に参加したりと、組織をどう作るかを考える経験をさせていただきました。システム開発を自分の軸として持ちながら、今までになかった視点を取り入れたり、いろんな経験ができることにやりがいを感じています。それらの経験を活かして、今後組織マネジメントができるようになっていきたいと思います。

与えられた役割に加えて、一つだけはみ出してみる。
自発的なチャレンジで、成長を加速していきたい

自らのチャレンジで描く自己成長

入社前のベンチャー企業のイメージは、全員がプレイヤーという印象があったのですが、実際は想像以上に組織化されていて、SIerでのプロジェクトマネジメントの経験が活かせる環境でした。それでいて、早いうちからどんどん任せてもらえる柔軟さがあるので、成長意欲がある人にはチャンスに溢れた職場だと思います。
与えられた役割はしっかりやりつつ、少しだけ役割からはみ出してチャレンジできる人は、とても楽しめるのではないでしょうか。急成長中の組織なので、よりよくしていくために、やれることはまだまだあると感じています。自分たちでその隙間を見つけ、自発的に埋めることができたら、やることも、やれることも広がるはず。自発的にやりたいことを描くことで自己成長していきたい人と一緒に仕事できたらと思います。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ