NEW GRADUATES~新卒対談

OSAKA TEAM

垣内 優花
かきうち ゆうか
2018年入社
EC-CUBE事業部
短期大学部卒業

金 誠
きむ そん
2018年入社
開発部
デジタルコミュニケーション学部卒業

平井 知希
ひらい ともき
2018年入社
開発部
理工学研究科修了

Q.学生の頃はどんなことをしていましたか?

垣内

平日は大学で広報活動や勉強をしながらインターンとアルバイトに励んでいました。3つの会社で営業とエンジニアのインターンを経験し、「LOCKON CO.,LTD. Technology Academy」(通称テクアカ)に参加したことが、入社のきっかけにもなりました。休日は、旅行をしたり、ライブに行ったりと、好きなことを目いっぱい楽しんだ学生生活でした。

デジタルコミュニケーションを学んでいて、学生時代はとにかく勉強に全力投球していました。所属していた電子出版のゼミでは、ゼミ長として大学内で幅広くコミュニケーションを取っていました。

平井

私は研究室で本棚の蔵書を簡単に探すためのシステムを作っていました。本棚をウェブカメラで撮影して、画像処理をかけ、位置を特定するプログラムを組み合わせることで、簡単に本の場所を検索できるというものです。研究以外にも、研究室のウェブやサーバの管理、保守などもしていて、これらの活動を通してWebの面白さと技術の幅広さを学び、Web業界に興味を持つようになりました。

Q.入社を決めた理由

垣内

EC-CUBEのインターンをしていた時に感じた会社の雰囲気や人の温かさが決め手です。やりたいことに挑戦させてくれたり、頑張っている人や努力している人に助け船を出したりと、応援する文化と温かい雰囲気に惹かれました。また、常に前を向いて学び続ける先輩エンジニアの姿がとてもカッコよかったのも印象的でした。
仕事の他にも、社内の部活動を通して趣味も全力で楽しむ姿を間近で見て、この人たちと一緒に働きたいと強く思いました!

平井

私も社員の人柄の良さに惹かれました。他の会社の選考では経験することのなかった社員との食事や面接前の面談を通して、人の温かさや真面目さ、仲間意識など、組織で働くなかで自分が大切にしたいと思っていたものを持っている人が多くいると感じたのが決め手となりました。

会社説明会で代表が「日本が少子高齢化に向けて、どのように変化していきどのようなビジネスを展開するべきなのか。」という話をしていたんですが、その未来像が私の考えとマッチする部分が多く、共感できました。

Q.現在の業務内容を教えてください

アドエビスの管理画面の開発に携わっています。お客様が利用されるシーンを想像しながら、画面の構成を考える作業がとても楽しく、やりがいを感じる瞬間でもあります。

平井

主にアドエビスと外部サービスの連携プロジェクトにおいて、技術面を担当しています。今はまだ単発の作業が多いですが、「ありがとう」と言ってもらえた時はやりがいを感じます。

垣内

私はEC-CUBEの開発に携わっています。メジャーバージョンアップに伴って、EC-CUBEのエコシステムの一つであるオーナーズストアの改修や検証を行っています。自分の書いたコードが実際に動いているところを見たり、難しいと思っていたことが実装できた時はすごくやりがいを感じます。

Q.入社してから今まで最も印象的だった出来事はなんですか?

経営陣と社員の距離がとても近いことです。社長と社員がランチを食べながらざっくばらんに話す「CEOランチ」というイベントがあって、会社が自分に期待していることを直接聞くことができました。何でも話しやすい雰囲気で、とても楽しかったです。社員とのコミュニケーションをとても大切しているんだなと感じました。

平井

社員総会、中でも導入や締めの動画は個人的にとても印象的でした。会社やプロダクトが社員の努力によって成長を遂げてきたことを知り、その努力を想像してとても感動しました。そして、次は自分がこの歴史の登場人物になれるように頑張りたいと思いました。

垣内

配属された部署が子会社化することです。なかなかない機会で本当に驚いています!これからどうなるのか、ワクワク感があります。

Q.入社後一番感じる変化は?

自分の業務が他の同僚に大きい影響を与えることを実感し、入社前より責任感を強く感じるようになりました。開発業務はチームで連携して進めるので、私が行った作業をベースにして次の作業に入る同僚がいます。私に与えられたことをしっかり遂行しないと次の作業に進む同僚に迷惑をかけてしまうので、これまで以上に責任感を持って取り組むようになりました。

垣内

思い立ったら可視化してみるようになりました。モヤっとしたことや逃しそうな小さなタスクも文字に起こすことで、懸念点や追加で考慮すべきポイントに気づけるようになったと思います。

平井

自分の甘えを痛感しています。周りのみなさんはとても思いやりがあって、優しい人なので、あまり考えずに質問に行っても丁寧に答えてくださることが多いです。それどころか、うつむきがちであったり、考え込んでいるようであると声をかけてくれるので、もう少し自分でしっかりと考えるようにしたいと思ってます!プラスの変化としては、技術に興味がある人、技術を愛する人、技術を究めようとする人など、多方面ですごい人が周りにいるので色んなことを知ることができるし、もっと自分からも情報を取りにいこうと思うようになったことです。

Q.今後の目標を教えてください

垣内

しっかりプログラムが書ける・戦力になることです。優秀なエンジニアの先輩にフォローいただいている今だからこそできる失敗もあるので、経験を積んで成長していきたいと思います!

平井

まずはアドエビスについてもっと詳しくなることです。今は仕事に関連しているところを中心に知識をつけていますが、今後は全体を通して理解できるようになりたいと思ってます。それと並行して技術力を身に着けることで、エンジニアとしての信頼を獲得したいですね。アドエビスを通して、ウェブシステムというものすべてについて知識と経験を深めていきたいです。

自社製品を世界に広げていくことが今後の目標です。まさにImpact On The Worldです。(笑)

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ