プロダクトの未来を描き、実現する

圓増 真衣 / 企画部 製品企画課
2008年新卒入社。芸大でデザインを専攻し、WEBデザイナーとして入社したものの、1ヵ月後にはエンジニアへ転向するという異色の経歴を持つ。アドエビスの開発やEC・DMP受託開発経験を経て、現在はアドエビスの製品企画に従事。

デザイナー採用から一転、エンジニアの道へ

実は芸大卒で、最初はデザイナーとして入社しました。株式会社ロックオンでは入社後すぐに、自社製品の仕組みを理解するため、デザイン職でもプログラミング研修があったんです。約1ヵ月間の研修だったのですが、毎日できないことだらけなのが悔しくて・・・。と同時に、デザインとは違う面白さにも気づいて。このまま中途半端な状態で終わるのはいやだな、と強く思うようになり、悩みに悩みぬいた結果、上司にエンジニアへの転向を相談しました。もともと仕事軸というより「この会社で働きたい」という気持ちで入社したので、職種が変わることに対してのこだわりは、まったくありませんでした。

熱意がとおり、念願かなって、「アドエビス」を開発するチームに配属となりました。「アドエビス」は、新機能の企画から開発はもちろん、サーバーやネットワークなどインフラ環境の構築、営業、カスタマーサポートまで、すべてを自社で行っていて、当時から、株式会社ロックオンの主軸となる大規模サービスでした。

運用業務で堅実な仕事の進め方を学ぶ

「アドエビス」のチームに配属されて、「さぁ、バリバリソースコード書くぞ!」と意気込んでいたのですが、最初は運用業務が中心でした。「アドエビス」の運用業務は、サーバーの運用保守・新規構築などのインフラ関連作業をはじめ、テクニカルなお問い合わせ対応などサービスの根幹を支える重要な業務ばかり。扱っているデータ量も膨大なので、少しの油断や妥協から処理性能が急激に落ちてしまったり、1つのエラーからサービス全体が停止するような致命的な障害につながってしまったり、慎重さと正確性が求められます。ここで品質に対する意識や、仕事の進め方や精度など、根幹となる知識を徹底的に叩き込まれました。

そんな中、実際のプログラミングやいくつかの小規模な案件のプロジェクトマネージャー経験も経て、「リスティング連携」という新機能開発プロジェクトで、プロジェクトマネージャーに抜擢されました。開発期間は通常の約3倍、プロジェクトチームのメンバーも過去最多という、会社にとっても大規模なプロジェクト。開発メンバーだけではなく、営業やデザインチーム、役員との調整を必要とされる状況で、最年少メンバーとして挑みました。「アドエビス」と「THREe」を一部連携させる必要もあって難易度が高く、要件の調整やコミュニケーション、スケジュール管理など、すべてが大変でしたが、先輩方にたくさんフォローいただきながら、必死に食らいついてやり遂げました。振り返ってみると、最初に運用チームで仕事の進め方を叩き込まれたおかげで、堅実な案件進行が身についたのではないかと思います。これは今でもベースになっていて、早いうちから経験ができてよかったなと感謝しています。

プロダクト作りの根幹に関われる楽しさ

数年間、ECサイトの受託開発とDMPの構築に関わった後、現在はアドエビスの製品企画の仕事をしています。アドエビスに必要な機能を考え、それを実現していく仕事です。先日リリースした人工知能搭載「クロスデバイス機能」のプロジェクトではフロント側のプロジェクトマネージャーとして、とても思い出深い経験ができました。関係者の多いビッグプロジェクトだったので、自分の努力だけではどうにもならないことが多くて。正直、投げ出したくなった瞬間もありました。笑

カスタマーサポート、営業、マーケティングなど、社内の各部署との調整をはじめ、社外のベンダー調整やお客様対応など、とにかく関わる範囲が広く、それぞれの状況を理解した上で全員の方向性を合わせていくのはとても大変でした。そんな怒涛のプロジェクトが無事終わってリリースできた時は、本当に感無量でしたね。みんなの力があったおかげで、自分の能力以上のものを発揮できたのだと思います。フロントチームも開発チームも強くなって、こんなに大きなリリースもできるようになったのかとしみじみ。お客様からの反応もよく、成果につながっているのも嬉しいです。

テクノロジーでお客様をサポートしていきたい

アドエビスを通してマーケティング活動の効率化を実現

企画の仕事はアドエビスを「よりよいもの」にすることです。これまではエンジニアとして実現するための具体的な方法を考えることが多かったのですが、今は「よりよいもの」とは何か?を考えることが仕事になりました。「アドエビスはどうなりたいのか?」「今、誰が何に困っているのか?」「どんなことを求められているのか?」を突き詰め、それをコンセプトに落とし込むために、日々仲間と議論し合っています。

深い顧客理解を通してプロダクトの未来を描き、実現することで、これまで以上にお客様をサポートしてくのが今の目標です。テクノロジーで解決できることはアドエビスに任せていただいて、お客様は人じゃないとできないことに集中できる、そんな製品にしていきたいと思ってます。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ