ビジネス観点を活かした
EC-CUBEプラットフォーム作り

遠藤 良 / EC-CUBE
大学を卒業後、組込みシステム・Windowsアプリの開発に携わったのち、2016年に株式会社ロックオンに入社。
WEB開発の経験は浅いが、メーカーでの開発経験と、持ち前の人当たりの良さを活かして、EC-CUBEのさらなる改善と普及に努めている。

異業種からWEB業界へのチャレンジ

前職はFA機器のWindowsアプリを作る仕事をしていました。親会社からの受託開発で、決められた仕様を効率よく開発する仕事スタイルで、安定して案件は入ってきていました。ただ、開発以外の業務は親会社の仕事だったので、開発には企画側の意図とお客様の声が届かず・・・。エンジニアとしては、案件的にも技術的にもテリトリーが狭まっている気がしていました。もっと広くプロダクトに関わり、ユーザーの反応を見ることができる仕事がしたいと思い、エンジニア歴8年半で畑違いのWEB業界に移る決心をしました。

自社プロダクトを開発しているところであれば、企画から開発、リリースまで全てに関わることができそうだったので、EC-CUBEの求人を見てすぐに応募しました。面接までにたくさんの社員を紹介してもらいました。最終面接の前には、EC-CUBEのほとんどのメンバーと顔合わせができている状態でしたね。オフメシにも参加して、ざっくばらんに話を聞かせてもらい、入社前に会社の雰囲気をつかむことができました。社員ブログや会社のホームページ等から受ける印象とほぼ変わらず、みんないい人だと思えたので、最終面接後、迷わず入社を決めました。採用試験を受けたのは、株式会社ロックオン1社だけだったのですが、決めるに当たって不安はありませんでした。

ビジネス観点を活かした製品開発

入社後は、EC-CUBE開発部に配属になり、主にEC-CUBE本体パッケージの開発とオフィシャルサイトの改修や運用の仕事をしています。
EC-CUBEはオープンソースなので、GitHub上にソースコードを公開しています。本体パッケージの開発については、GitHubで報告されたIssueへの対応や、外部コミッターの皆様からのpull requestの確認と取り込み等をしています。EC-CUBEとしてどんな判断をして、どんな方針で進んでいるのかを外部の方にもご理解いただけるように、随時情報のメンテナンスも行っています。
本体パッケージ以外にも、EC-CUBEではオーナーズストアや開発コミュニティ等のサイトも運営していて、これらのプラットフォームも含めてEC-CUBEのブランドとして皆様にご利用いただいているので、周辺サービスの拡充にも力を入れています。プラグインを開発してくださっているパートナー様がストア上でよりビジネスがしやすくなるような機能を開発したり、EC-CUBEのユーザーの皆様にとって使いやすいUI/UXになるよう改善したりしています。企画を考えるところから関わる仕事のスタイルは、仕様通りに開発するだけでなく、ビジネス観点を持ったチャレンジができる点が面白いですね。ここは、もっともっと磨いていきたいと思います。

価値あるものを少しでも早くお届けしたい

今取り組んでいるEC-CUBEのオーナーズストアの改修は、開発、企画、デザイナーの3者ミーティングでタスクを決め、開発しています。部署や役割が違うと仕事のやり方も、重要と判断する基準もそれぞれが違うので、3者の足並みを揃えて同じ方向を向いて進めるのは容易ではありません。でも、ここの認識が揃わない限り、ユーザーの皆様に本当に価値を感じてもらえるものを早くお届けすることはできない。私たちがリリースしない限り、ユーザーの皆様は何の価値も受け取れないので、いかに早く価値あるものを提供できるか、そのための部署を超えたチーム作りが今、僕に期待されているところだと思います。
EC-CUBEはとてもいいブランドだと思っているので、もっといいと言ってもらえるように育てていくのが今後の目標。充実したプラットフォームで貢献していきたいです。

チームビルディングを通して、
最短距離でいいものを届けられるようにしたい

殻に閉じこもらないエンジニアを目指して

入社後すぐに本体開発のプロジェクトマネージャーを任されました。畑違いの業界からきたのもあって、最初は不安で・・・。とにかくがむしゃらにきた球を打ち返す感じで、前に進みました。社内のみならず外部の方とも一緒に進めていく案件だったので、調整の難易度は高かったと思いますが、無事リリースできた時は、本当に良かったなと。この成果を社内で表彰され、「ベストオブルーキー」に選ばれた時はとても嬉しかったですね。身近な人に評価してもらえたことで、自信もつきました。同時に、来年のハードルが上がりましたけど。笑
自ら進んで周りを巻き込んでいくことで、たくさんの気づきを得ることができたので、エンジニアとしても殻に閉じこもらないように心掛けています。オープンソースカンファレンスやPHPカンファレンス等、社外のイベントや勉強会等でも積極的に情報発信をしています。エンジニア同士で技術をシェアできるのはお互い成長できるので楽しいですね。会社はそういう活動も奨励してくれるので、これからも活動の幅を広げていきたいと思います。これから入社される方とも、お互い刺激を与えることができたら嬉しいです。前向きに面白いことにチャレンジしたいと思っている方と是非一緒に仕事したいですね。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ