DIRECTOR

範国 弘子
のりくに ひろこ
2011年度中途入社
管理本部 コーポレートコミュニケーション部
ディレクター/デザイナー

学生のころから演劇を専攻。劇団の公演サイト等を独学で制作するうちに、別の表現の面白さに気づきデザイナーの道に進むことに。フリーランスとして独立するも、クライアントとの距離が遠いことが多く、関係性や広がりに限界を感じて組織への就職を決意する。基礎から学びなおすため、WEB制作の専門学校に入学。卒業制作の発表会を見に来ていた担当者をとおしてロックオンと出会い、アルバイトを経たのち、2011年に入社。
現在はディレクター、デザイナーとして、ロックオンの製品プロモーションや制作物を一手に手がけ、クリエイティブの立場からロックオンを支えている。

求められているものを作りたい、フリーランスからロックオンへ

昔からずっと演劇が好きで、学校を卒業した後は舞台で活動していました。趣味で劇団のWEBサイトを何度か作っているうちに、「WEBデザイナー」に興味を持つようになりました。そこで、ディレクターをしていた知人の仕事を請け負うという形で、フリーランスWEBデザイナーとしてスタートしました。
最初はただ作れることが楽しかったんです。でも次第に、依頼者と直接話をせずに制作をしていることに疑問を持つようになりました、本当に求められているものってこれなのかな?直接ヒアリングできればもっといいものができるんじゃないかな?と。そこで、企業に入れば色々な人と話ができたり、直接意見が聞けるんじゃないかと考えたんです。

独学のままだと心許ないので、基礎的な知識や技術を学び直すため、専門学校に通うことに。その学校の卒業制作発表会で、ロックオンと出会いました。担当者に転職活動中ということを伝えると、一度会社に見学に来てみたら?と誘われたんです。それまで「ロックオン」という名前を聞いたことがなかったので、何をやっている会社かもよくわからないまま訪問したのを覚えています。とりあえず、一度一緒に仕事をしてみたいねということで、アルバイトとして当時の新卒採用サイトのリニューアルを請け負うことになりました。その際、雰囲気の参考にと「理念プロジェクト」が作った冊子を渡されたんですが、そこには、どのような気持ちで働いているかを語るロックオン社員の姿があったんです。ほんの数ページの冊子でしたが、ここまで社員一人ひとりが主役として働けている会社って面白そうだなと思い、入社を決めました。

ダメ出しの嵐から学んだ制作の意味

入社後は、主に自社製品の制作業務に携わっていました。今だから言えるのですが、制作業務において何よりも大切なことは、「この製品がどういうもので、何のために制作をするのか」をわかっているかどうかなんです。でも、最初はその点をまったく理解できていなくて、直感でデザインしていました。当然、提出しても、ダメ出しくらって、直して、ダメ出しくらって、の繰り返しで・・・。なんでダメなのかがわからず、心が折れそうでしたね。笑
でも、これは求められているものじゃないんだ、と思い直して。まわりの先輩にも進め方を聞いて、製品について勉強したり、案件のゴールを優先的に考えるようになったことで、少しずつ依頼者の希望するものが作れるようになり、制作の本質や本当の楽しさもわかるようになっていきました。

日々の業務は、対社内のメンバーであることが多いので、当初理想としていた依頼主の顔を直接見てコミュニケーションを取りながら仕事ができる環境です。やっぱりフリーランスとして仕事をしていた時代より、格段に働きやすいですし、やりがいもありますね。

プロモーションの力でロックオンや製品を支えたい

現在は、主にマーケティングプラットフォーム事業本部のプロモーション業務全般を行っています。アドエビスの機能がバージョンアップするぞ!となれば、開発チームと連携して管理画面の設計からUI/UXも手がけますし、世の中に広く知ってもらうために、営業チームと連携してWEBサイトの企画やランディングページの作成、メールマガジンのデザインも行います。展示会にもよく出展していますので、ブース自体の設計やブース内の導線も検討し、当日も運営担当として現場に入ります。お客様に配布するノベルティやパンフレットの制作も行っているんですよ。
所属しているコーポレートコミュニケーション部は、ロックオンの企業自体や製品のブランディングやプロモーションをすべて統括している部署なので、担当している範囲は本当に幅広いですし、関わる部署やメンバーもたくさん。営業チームや技術チームからは、毎日それぞれの観点で様々な要望があがってきます。全部詰め込むと大変なことになってしまうので、要望の整理を行ってまとめあげるのも仕事のひとつです。

コーポレートコミュニケーション部のようなブランディングやプロモーション専門の部隊が自社にあることは、ロックオンの強みのひとつだと思っています。ロックオンという企業や、製品をどう見せればより魅力的に見えるのか。そのあたりも考えて、もっと世の中に広めていけるように支えていきたいです。私たちが作っているのは、お客様が「使うもの・見るもの」なので、使いやすさや価値の提供はもちろん、ロックオンブランドとして世の中に出るものであるという部分も意識して取り組んでいきたいですね。

ロックオンのことをもっと知ってもらうために、Facebookの公式ファンページも日々更新しています。ぜひ「いいね」してくださいね。笑(ロックオンFacebook公式ファンページ

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

MY IMPACT ON THE WORLD = 「変化を楽しむ!」

いろいろうまくいかないこともあるけれど、悪い方に転んでいるのではないと思う。
またその変化を、人にももたらせたらいいなという思いから。

TOPへ