NEW GRADUATES~新卒対談

OSAKA TEAM

石原 裕己
いしはら ゆうき
2016年度新卒入社
製品開発本部 マーケティングプラットフォーム開発部
システムエンジニア
工芸科学部卒業

喜納 佳那子
きな かなこ
2016年度新卒入社
ビジネスソリューション本部 データソリューション部
システムエンジニア
理工学部卒業

Le Thi Thu Ha
レ ティ トゥ ハ
2016年度新卒入社
コーポレート戦略本部 人事部
新卒採用担当
Software Engineering学部卒業

渡邊 大悟
わたなべ だいご
2016年度新卒入社
製品開発本部 マーケティングプラットフォーム開発部
システムエンジニア
理工学部卒業

Q.学生の頃はどんなことをしていましたか?

石原

建築・プロダクトデザイン、工学基礎、経営学基礎を広く浅く。その後マーケティングに特化して、ビジネスプラン構築や会計、統計学などの勉強。4回生の時には、統計学を用いて、SNSを広告媒体として捉えたときのユーザー心理の研究をしていました。というと勉強ばかりしていたように見えますが、バイトやサークルなど、猛烈に楽しんでいました。笑
営業会社でインターンの機会があり、1日100本以上の電話や顧客訪問などを経験。お客様から「ここを修正して欲しい」「この機能があれば使いたい」という言葉をいただくたびに、「自分でサービスを作ることができたら、修正可能か判断できるし修正もできるのに!」と強く思いました。しかし経験も知識もなく、その判断ができない自分に憤りを感じていました。

喜納

学生時代は自治会活動と研究室での研究、あとは趣味に打ち込んでいました。
自治会では大学祭のスタッフとしてスタンプラリー企画を開催し、研究室ではソフトウェアを開発するエンジニアが、行動経済学に基づいた行動を行うのかどうかの研究をしていました。

Ha

大学ではプロジェクト管理などを学びながら、英語サークルへの参加や、日本語通訳者交流会の立ち上げ、ボランティア活動を行っていました。
3年目にベトナムのIT企業でエンジニアのインターンシップを経験。将来どうなりたいかを真剣に考える機会となり、留学を決意して、日本の大学に交換留学の機会をいただきました。たった5ヶ月間だったけど、日本のことが大好きになりました。

渡邊

僕は大学院で、放射線治療装置のシミュレータの開発をしていました。所属していた研究室では、Webアプリケーションの運用やログの解析なども行っていました。

Q.「ロックオン」に入社を決めた理由

石原

インターンでの経験から、技術面でもサービスを作れる人になりたい!と思い、技術職志望で就活を始めました。
ロックオンを受けたきっかけは、営業インターンで訪問した際にオフィスの雰囲気や会社のイメージが一番良かったから。選考を重ねる毎に、自分は本当に未経験からエンジニアとしてやっていけるのかという悩みと戦っていましたが、「しっかりとした意思があればやっていける」という言葉をいただき、確信につながりました。
そのような選考を通して「この人達と成長していきたい、そして会社を成長させたい」と最も強く思えた企業がロックオンでした。

喜納

世界にインパクトを与えていきたいという想いと、そのために堅実な計画を立てているということに魅力を感じたからです。小さな会社ではありますが、「ハードで成功したものの、未だソフトで成功していない日本から成功するものを出していきたい」という社長の熱い想いに同調し、そのために一緒に頑張っていきたいなと思いました。

Ha

ロックオンベトナムでのインターンシップを通じて、人の面白さと考え方に惹かれました。現地社長が企業理念を説明してくれたのですが、努力することで自分自身も成長しながら周りにもよい影響を与えていくという考え方にとても感動しました。スキルアップだけじゃなく、意思養成ができるところがよいと思います。

渡邊

僕は人です。やる気に溢れている人たちと仕事をしたかったので、オフメシなどで社員の人柄などを知り、入社を決めました。

Q.現在の業務内容を教えてください

石原

主にアドエビスの運用/保守業務をしています。サポートセンターに届く技術系の質問に対する調査、回答や機能改善を行っています。
今は、自分が得る知識の質、伝える情報の質をいかに向上させるかというところに凄くやりがいを感じています。あとはコーディング力、もっと鍛えていかないといけないです。

喜納

私の部署ではEC-CUBEを使ったECサイトの構築を行っており、私はお客様が運営するサイトの保守を行ったり、ECサイトに何か障害が起こったときに対処したりしています。一から教えていただいたり、調べたりすることが多かったなか、最近は自分が知っていることが増えてきて、それが作業で役に立つので成長が実感でき、やりがいに感じています。

Ha

元々は情報系出身ですが、「人」と「組織」に興味を持っていたので、人事部配属となり、新卒採用を担当しています。ベトナムで少し日本語を学んでいただけなので、日本語で日本人を採用することは無理だと思われるかもしれません。新卒採用は日本独特なので初めて知ることも多いですが、「興味」+「チャレンジ」+「自信」が、可能性へとつながります。段々とできることが増えてきたのでもっと頑張りたいです。日本語に慣れたら英語も採用活動に活かしたいです。

渡邊

アドエビスの開発チームで、主にプロジェクトでの要件定義を行っています。初めてのことでも挑戦させてもらえることが多いので、自分のやったことが成果につながった時に一番やりがいを感じています。

Q.入社後一番感じる変化は?

石原

明らかに自分のなかでできることが増えました。「仕事の対価は仕事」だと考えています。何か一つ、タスクを達成することで、自分のスキルは向上します。そうすると、報酬として新たなタスクを担うことができます。タスクの幅が広がるたびに、自分の変化、成長を感じています。

喜納

「あともう少し考えてみる」ということを意識するようになりました。会議などで話していても、様々な立場によって見え方が大きく異なり、自分の狭い視野では取りこぼしていることが多いため、自分で考えた後に「あともう少し」を意識しています。

Ha

ベトナムから日本へ生活環境が変化したことは、正直困ったことがいっぱいありました。言語のギャップだけでなく、新しい生活、日本の常識、仕事での必要な知識など・・・時々自分の能力を疑って、自分を責めてしまうこともよくあります。それは今の自分の限界のせいです。けれど、成長するためにはその限界を広げないといけない。向き合って挑戦して、乗り越えていきたいです。

渡邊

締め切りに対する意識が変わりました。入社前は予定を立てることが苦手だからと、マイペースに作業を進めていましたが、入社後は目標を達成するために何をやる必要があるかを考えて予定を立てることで、締め切りを守ろうと意識するようになりました。

Q.今後の目標を教えてください

石原

自分が作ったサービスを自分で売る。そして人を笑顔にする。入社前から変わらず同じ目標です。

喜納

会社で信頼されるような人間になりたいです。部署内で必要な力がまだまだ身についておらず、まだまだ一人でできることは少ないので、いざというときに頼られるような知識や経験を積んでいきたいと思っています。

Ha

ベトナム人として日本企業で働くのはちょっと”Different”と見えると思います。ですので、”Different”な価値を生み出して、ベトナム人、日本人でもインパクトを与えたいです。3年後の目標は採用リーダーになること。学生や他社の人にロックオンのことを理解してもらって、「人」と「組織」のつながりをつくっていきたいです。まずは言語能力や業界の知識をもっと鍛えていきます。

渡邊

ここ一年で自分が成長できたのは、自分が努力することはもちろんですが、たくさんの頼りになる先輩方に助けていただいたことも大きな要因であると考えています。自分も他の人の成長の助けになる、頼られる存在になることで、貢献できるようになりたいです。

※本頁の内容は、すべて取材時時点のものとなります。

TOPへ