ENGINEER

圓増 真衣
えんそう まい
2008年度新卒入社
商流プラットフォーム事業本部 ソリューション事業部
システムエンジニア

2008年に新卒で入社。芸大でデザインを専攻し、WEBデザイナーとして入社したものの、1か月後にはエンジニアへ転向するという異色の経歴を持つ。
ロックオンとの出会いはデザインのインターン先を探していて。実は、当時のロックオンにはインターン制度がなく、圓増からの問い合わせがきっかけで実施が決まり、社長もメンバーも一個人に向き合ってくれる社風に触れ、入社を決意。

デザイナー採用から一転、エンジニアの道へ

実は芸大卒で、最初はデザイナーとして入社しました。ロックオンでは入社後すぐに、自社製品の仕組みを理解するため、デザイン職でもプログラミング研修があったんです。約1か月間の研修だったのですが、毎日できないことだらけなのが悔しくて・・・。と同時に、デザインとは違う面白さにも気づいて。このまま中途半端な状態で終わるのはいやだな、と強く思うようになり、悩みに悩みぬいた結果、上司にエンジニアへの転向を相談しました。もともと仕事軸というより「ロックオンで働きたい」という気持ちで入社したので、職種が変わることに対してのこだわりは、まったくありませんでした。

熱意がとおり、念願かなって、「アドエビス」を開発するチームに配属となりました。
「アドエビス」は、新機能の企画から開発はもちろん、サーバーやネットワークなどインフラ環境の構築、営業、カスタマーサポートまで、すべてを自社で行っていて、当時から、ロックオンの主軸となる大規模サービスでした。

運用業務で堅実な仕事の進め方を学ぶ

「アドエビス」のチームに配属されて、「さぁ、バリバリソースコード書くぞ!」と意気込んでいたのですが、最初は運用業務が中心でした。「アドエビス」の運用業務は、サーバーの運用保守・新規構築などのインフラ関連作業をはじめ、テクニカルなお問い合わせ対応などサービスの根幹を支える重要な業務ばかり。扱っているデータ量も膨大なので、少しの油断や妥協から処理性能が急激に落ちてしまったり、1つのエラーからサービス全体が停止するような致命的な障害につながってしまったり、慎重さと正確性が求められます。ここで品質に対する意識や、仕事の進め方や精度など、根幹となる知識を徹底的に叩き込まれました。

そんな中、実際のプログラミングやいくつかの小規模な案件のプロジェクトマネージャー経験も経て、「リスティング連携」という新機能開発プロジェクトで、プロジェクトマネージャーに抜擢されました。開発期間は通常の約3倍、プロジェクトチームのメンバーも過去最多という、会社にとっても大規模なプロジェクト。開発メンバーだけではなく、営業やデザインチーム、役員との調整を必要とされる状況で、最年少メンバーとして挑みました。「アドエビス」と「THREe」を一部連携させる必要もあって難易度が高く、要件の調整やコミュニケーション、スケジュール管理など、すべてが大変でしたが、先輩方にたくさんフォローいただきながら、必死に食らいついてやり遂げました。振り返ってみると、最初に運用チームで仕事の進め方を叩き込まれたおかげで、WBSの引き方や進捗管理、リスクがあれば前倒して検証するなど、堅実な案件進行が身についたのではないかと思います。これは今でもベースになっていて、早いうちから経験ができてよかったなと感謝しています。

結果、その年の「ベストオブロックオン賞(社内MVP)」を受賞。嬉しかった反面、プロジェクトチームの全員が私にとらせてくれた賞だと思っているので、次は「自分の力で勝ち取った」と胸を張って言えるようにスキルアップしたいというのが今の大きな原動力、ひとつの目標です。そういう意味では、私の中では「ベストオブコンプレックス賞」なのかもしれません。笑

着実に感じるステップアップ

現在は、受託開発やR&Dを行うソリューションチームで、システムエンジニアとして働いています。開発業務がメインだったアドエビスチームとは違って、お客様とのやりとりから、契約調整、提案、要件定義、開発、オフショア先とのやりとりなどなど・・・かなり幅広く担当。めまぐるしくもやりがいのある日々を送っています。

今、新たに取り組んでいるのはDMP案件。「アドエビス」で計測した膨大な生データや自社で管理されているデータ、他サービスで取得されたデータなどを、お客様が日々活用できるかたちにカスタマイズ・自動化する仕組みづくりをしています。DMP案件は、大手企業に入り込んだ提案を行っていて、業界的にも先進的な事例として取り上げられるなど、ロックオンとしても力を入れている取り組み。さらに、アドエビスチームで培ったノウハウと、ソリューションチームで貯めたスキルを組み合わせて行う、これまでの自分の集大成みたいな仕事で、本当に楽しいチャレンジです。

これまでいろんなことを経験してきましたが、やはり職種にはあまりこだわりがなくて。大事なのは、会社からもお客様からも、自分に求められていることをしっかり成果として出すことだと思っています。
日々働いていて思うロックオンの良いところは、自分に対しても人に対しても妥協する人がいないところ。仕事にも人にも真面目な人が多いところ。そんなロックオンで、責任を持って人のためにも頑張れる人と、これからも一緒に仕事をしたいと思っています。

MY IMPACT ON THE WORLD = 「笑顔と根性で記憶に残りたい」

漠然とかっこいい人になりたいと思ってたんですけど、
自分が思う「かっこいい」、自分にできる「かっこいい」って何か?と考えたときに、
「いつも笑顔で楽しんでいる人」と「あきらめない人」はすごいな、
という結論に行きつきました。

TOPへ